記事一覧

XL BundleからStudio Bundleへアップグレードのキャンペーン

代理店のTMSから「XL→Studioに特別アップグレード」という案内が来た。
確かにえらい安くなってる。でも安くは無いよね。
このアップグレード(+サービス契約)の代金でLightWaveとか新規で2つ買えるんだけど。

ノーマルマップ作成 xNormal v.s ZBrush3.5

以前から気になっていた。ZBrushは3.1以降からノーマルマップ作成機能であるZMapperが無くなっている。今はToolメニューにある非常にシンプルな作成機能しかない。ぶっちゃけこの機能はZMapperに比べると思いっきり質が低いんじゃなかろうか?Pixalogicは前と変わらず優れたノーマルマップ作成機能があるようなことを謡っているが・・・。

ここで改めてZBrushとxNormal両ソフトでノーマルマップ作成をして比較してみようと思う。xNormalは優れた焼き込み専用ソフトで、「ZBrushでモデリング・ペイントしてもノーマルマップや他のテクスチャ等の生成はxNormalでやる」という人も少なくない。

ソース
ファイル 51-1.jpg
UV割り当てまで行ったローポリモデルをインポートしZBrushで加工。XNormalへはOBJ形式でインポートする。

作成したノーマルマップ
ファイル 51-2.jpg
似ている部分もあれば明らかに色が違うところがある。

GLSLプレビュー
ファイル 51-3.jpg
凹凸が逆転している部分がある。検証するとxNormalのほうが正しい。

ZBrushは各頂点がどのように変形したかをRGBに変換する。ZBrushはポリゴンを分割しないとスカルプティングができない。実はこの分割を行った時点で未分割の形状(1 SDiv段階)も多少丸みを帯びた形状に変形している。スカルプティングの編集による変形も反映されてしまうので、正確なノーマルマップは作成できない。

xNormalはローポリからハイポリをトレースする処理で、凹凸の変化をRGBに反映させる。かつてのZMapperもxNormalと同じことをやっていたと思う。

ファイル 51-4.jpg
xNormalは面と面が向き合うある程度閉じた空間で、トレースがめり込んで結果がおかしくなる場合がある。それを防ぐために壁となる形状を用意してBlockersに設定する必要がある。

-追記-
色々と間違いがありました。
詳細はここ
http://unreal.rgr.jp/diary.cgi?no=66

Real VNC ネット経由で自宅PCをリモート操作

http://www.realvnc.com/products/personal/index.html
サーバーソフトを常駐させて、自宅PCのIPアドレス・サーバー側でしていしたポート番号・パスワードを控えれば、外出先のJavaが動くブラウザのPCで簡単にリモート操作できるソフトです。

デスクトップ画面をそのまま画像としてリアルタイムで反映するので、動画のような圧縮ができずカクカクで色も少しおかしい。この書き込みも職場からやってみた。
簡単な操作なら十分可能なので、プライベートのメールチェックや手元のPCにアクセス履歴を残したくない場合などに使えると思う。

Fermi

ファイル 44-1.jpg

今日は新しいnVIDIAのFermiこと「GF100」について。予定では26日に各VGAベンダーから出荷され、具体的な性能が分かってくる。
多くの人は「ゲーム目的」で購入するだろうけど、最近はゲームをほとんどやっておらず、もし自分がGTX460か480を買うとしたらCUDAやOpenCL対応ソフトを高速に動かすためだろう。Fermiはシェアドメモリが増えたりするので、今までCUDA化できなかった処理がFermiで可能になったりするだろうし、Fermiとx64処理に対応した新しいCUDA SDKがこの前リリースされた。

でも、今のところCUDAに対応してて個人的に役立ってるのがxNormalくらいしかない。Cinema4DのクロスやGIも対応してほしいので、サポートに要望も出しておいた。次期バージョンのR12に期待するしかない。
最近の映画のCG処理でもレンダリングや各物理シミュレーションにCUDAが活用されている。
外部レンダーのOctane RenderはCUDAに対応し、LuxrenderはOpenCLに正式対応予定。特にOctaneはベータ版を試せる。
http://www.refractivesoftware.com/
http://www.luxrender.net/

ちなみにCUDAは処理内容の全てをVGAのメモリに収めなければいけない。例えば、ZBrushで作った数百MBのハイポリobjファイルと元のローポリからノーマルマップを作成する場合、実際両方のobjファイルをVGAに転送している。上の画像はxNormalで処理中のVRAM使用状況で、全てのデータとノードが今のVRAMの877MBのサイズを超えてはいけない。現にCinema4Dのリアルタイム表示でVRAMを大量に使っている状態で同じ処理を行うと、必ずメモリ不足のダイアログが表示され処理が中断される。

DeGamma買いました

リニアワークフローという処理を自動でやってくれるプラグイン。
ガンマと色の補正を自動で行い、カスタマイズ性も高っぽい。
http://www.thirdpartyplugins.com/degamma/

とりあえずプラグインを有効にしただけのそのままの設定でやってみました。何らかの処理時間が追加されるわけでもなく良い具合に仕上がります。

ファイル 39-1.jpg
ファイル 39-2.jpg

Cinema4Dアップデート R11.528

この前報告したウェイトペイントのバグが直っている!

水草水槽とか

ここに書くことじゃないもしれない。が、衝動的に熱帯魚水槽をこしらえた。過去に飼っていたことがあるので、照明やフィルタ等の器具だけは手元にあるのです。

水槽スペック

水槽:エーハイム EJ-60 (60cm)
照明:蛍光灯20Wx4
フィルター:エーハイム2213+ストレーナ用スポンジ
CO2添加:0.5泡/秒
低床:GEXピュアブラック 約12L
水草:ヘアーグラスx10束、ディディプリスx5、ルドウィジアx10、南米ウィローモス付流木、クラススラx5、ストロジンx3
生体:プリステラ・アフリカンランプアイ・ミナミヌマエビ 各10匹

水草にはソイル系(土を粒状に固めた低床)を使うと根の張りが良く、難しい水草も育てやすいけど、しばらく水が濁ったりメンテナンスが厄介なので、GEXのピュアブラックというのを二袋分買って1.5袋分敷き、それだけにした。これは活性炭みたいな砂利でろ過効果もあるらしい。多孔質で比重が軽く、パキパキ割れる。細かいヘアーグラスの根との相性は悪いかもしれない。
今はエビのために食べ残しが残るくらい大目にエサを投入している。ヘアーグラスがモッサリと生い茂ってランプアイとかの繁殖できればいいなあ。
今のところほとんどの水草が水上葉で短いし魚も半ば成長過程なので、水槽がえらい寂しい。

Windows7

Windows7 ProfessionalのDSP版買いました。やっぱりDSP版でもVistaからの上書きインストールできるので、上書きインストールで済ませました。ほぼ全てのソフトの設定やドライバがそのまま残り、インストールもひたすら待つだけだった。インストール処理前に、動かないと思われるソフトやドライバを事前に検出することもできる。7からOutlookExpressが廃止になっているらしいので、OutlookExpressを使ってる人はその辺だけ注意しよう。

で、全体的な感想としてはスリープとシャットダウンがXP並みに早くなったくらい。昨日スリープから復帰させたら青画面になったけど。自分の環境ではメモリ使用量とかのパフォーマンス面に変化は無い。最初から期待してなかったけど。
あと、エクスプローラについて異常に悪くなったところがある。XPやVistaではファイルが一覧されている部分の上部に、名前・更新日時・種類・サイズなどのボタン(?)が表示されており、エクスプローラのどんな表示モードでもそのボタンを押すことでファイルのソート(並び替え)設定を切り替えることができた。しかし7では、一覧モードを除いてそれらのボタンが無くなっており、並び替えの変更はおろかソート設定の確認さえもしにくくなっている。一体何の意図があって非表示にしたのだろうか。

ファイル 26-1.jpg
Win7エクスプローラの詳細モード。ファイルの上にソートを設定する「名前~サイズ」の表示があり、この画像だと更新日時のところに逆三角形の印が付いているから、更新日時でソートされていることが分かる。「名前」の部分をクリックすれば即座に名前順にソートされる。これはXPやVistaにもある普通の機能。でも個人的に一覧モードを使いたい・・・。

ファイル 26-2.jpg
で、一覧モードにする。するとソート設定の表示が無くなってしまう。Vistaまでは全てのモードでソート設定が表示されていたはずだが。
この状態だと空白の部分を右クリックして、メニューから「並び替え」を実行するとソート状態の確認と変更ができるが、面倒。一覧の表示モードにしないとソート設定が表示されない。
3DCG作業で使っているテクスチャのファイルが多いので、一つ探すのに更新日時かファイル名でソートを切り替えて探すことが多いから、個人的に不便。

Blender Smoke Simulation Update

Blender2.5で採用されるであろう煙シミュレート機能。OpenGLでもリアルタイムに動きを確認できます。
http://www.blendernation.com/blender-smoke-simulation-update/

あとCiinema4Dのモデリング用のプラグインSplinePatch2.5を買いました。スプラインの曲面モデリングを可能にするプラグインですが、ブール演算のような処理をした際、綺麗な曲面を維持したままの変形や交点部分でのベベル処理が可能。Nurbusだと必ずといっていいほど崩れる。これで今まで妥協していたモデリングが可能になります。
現在発送待ち。
http://www.c4dplugin.de/splinepatch/splinepatch2_en.html

サムネイル表示の時に対応する画像ファイルを増やすソフト MysticThumbs

Windowsの通常のウィンドウで画像のサムネイルを表示する際、表示可能な画像形式を増やしてくれるソフトです。
通常は、jpgやbmp等にしか対応しませんが、これを導入するとアルファ付きTGAやPSD等に対応するようになります。

http://mysticcoder.net/mysticthumbs/
インストール後再起動すれば機能すると思います。似たようなソフトは他にもありますが、Win7や64bit環境で使えるのは、恐らくこれくらい。

ちなみにnVIDIAのサイトからはDDS形式に対応させるソフトもあり、32/64bitどちらも使えるみたいです。
http://developer.nvidia.com/object/dds_thumbnail_viewer.html

ファイル 17-1.jpg
サムネイル表示は、用途によって有効に使えるんじゃないかと思います。