記事一覧

最近のまとめ

ファイル 229-1.jpg
ファイル 229-2.jpg
ファイル 229-3.jpg
ファイル 229-4.jpg
ファイル 229-5.jpg

Youtubeの動画埋め込み実験のついでに、最近ハマったAnnoying Orangeを紹介します。最近は字幕&翻訳もできるようになった。

FN-P90 part8 @mental ray

ファイル 228-1.jpgファイル 228-2.jpg

やっぱりレイトレーシングは安定してるなー

FN-P90 part7

ファイル 227-1.jpg

修整と色違いのテクスチャを追加
ほぼ完成です

FN-P90 part6

ファイル 226-1.jpg

テクスチャがある程度できてきたのでUDKにインポート。
今回はスペキュラのグロス度合い(UDKで言うSpecularPower)をテクスチャで制御することにし、スペキュラマップのアルファチャンネルに格納している。WL-Shaderで可能になるよう、分儀処理のスイッチを追加。
しかし、デフォルト同然の透過処理とはいえマガジン部分の透過具合がムチャクチャで、微妙にMayaのfbxからUDKへ法線情報が忠実に渡せていないのか、無いはずの丸みを帯びた部分がある。
さらなる検証が必要。

追記:TangentSpaceのNormalを有効にして読み込めばバッチリでした。

FN-P90 part5

ローポリとノーマルマップを使って、工業製品にありがちな正確な平面とわずかな丸みのある角を完璧に再現するのは少し難しい。
スムージンググループを使ったローポリの法線は全然安定しないのでノーマルマップでも完全には補えない。この要因で前に作ったSCARはノーマルマップの作成で非常に苦労した。

しかし、今回はあるコツを見つけたので簡単に綺麗なベイク処理ができるようになった!法線を安定させようと、普通にハードエッジを入れてはいけない。

ファイル 225-1.jpg
ファイル 225-2.jpg

UnrealEngine4 その2

デモ
http://www.youtube.com/watch?v=OZmRt8gCsC0

機能の詳細やエディタのインターフェイス等
http://www.youtube.com/watch?v=MOvfn1p92_8
UnrealEngineはバージョンが変わるとガラリと見た目が変わりますね。
一体化できるタブを多用した構成。

nVIDIAの記事
上記2つの動画の高解像度版もあります。
http://www.geforce.com/whats-new/articles/stunning-videos-show-unreal-engine-4s-next-gen-gtx-680-powered-real-time-graphics/

GI処理はvoxel cone-tracingという手法(Shader.jp)
http://www.shader.jp/?p=701

西川善司の3Dゲームファンのためのグラフィックス講座・E3特別編その7
http://game.watch.impress.co.jp/docs/series/3dcg/20120610_539330.html


ファイル 224-2.jpg
窓が閉じる瞬間を捉えたもの。動的なオブジェクトである扉がGI処理に影響している。
ライトマップを使わない完全なリアルタイムのライティングがGI処理で可能。奥のほうまで間接光が影響し、精度も高そう。動的なHDRのトーンマップ、影を落とす煙もようやく普通にできるようになった。
流動的に動く大量のパーティクルも特徴的。
ゲームコードを修整するとき、バックグラウンドでコンパイルさせながらテストプレイしつつ、
コンパイルが終わったと同時に続行中のテストプレイに即反映とか凄い事になっている。


ファイル 224-1.jpg
チラッと見えるタイトルバーに ~UDK とあるので、UDKとして出る可能性もあるんじゃないか

ある程度の処理ならば、コードを書かずにKismetの進化形のような機能で補えるみたいで、ウォークスルー動画ではStaticMeshに回転などの機能とプロパティから調整可能な設定項目を自作している。
この機能は対象のStaticMeshからアクセスしており、Cinema4DのXPressoに似てる。

FN-P90 part4

ファイル 223-1.jpg

ハイポリ完成。
ついでにサイレンサー・レーザーサイト・マウントレールも作った。
ここからローポリでトレースするように作り、ノーマルマップを作成。
モデリングを二回行うという苦行です。

スクウェア・エニックス開発のゲームエンジン「Luminous Studio」

こちらのLuminous Studioの技術デモとして、Agni’s Philosophy-FINAL FANTASY REALTIME TECH DEMOが公開されました。
最も特徴的でアピールされているのが、これがリアルタイムで動いている映像だということ。現行のゲームハードで動いているのではなく、それなりにハイエンドなPC上で動いているんだと思う。
http://www.agnisphilosophy.com/jp/index.html
http://www.4gamer.net/games/032/G003263/20120606107/
Yebis2というポストプロセス専用ミドルウェアも使っているみたいですね。

ずっと前にも書いたと思うけど、ゲームエンジンのグラフィックシステムを利用したムービー製作は今後流行っていくと思う。
UDKとCryEngineSDKが奇跡的に無料で使えるので、レンダリング待ちやエフェクト作成等に疲れた方は是非使ってみましょう。今のところこの2つしかありませんが、個人的にプリレンダには戻れなくなりました。

追記
http://www.youtube.com/watch?v=Q9xhFpuIMX4
パーティクルとメタボールで血の水滴の表現
テッセレーションで毛の生成とかすごく欲しい機能があるじゃないの

FN-P90 part3

ファイル 221-1.jpg

ハイポリ段階、あとは細部の修整とマガジンのみ。
ぼんやりと見えるマガジンの中身も作ろうと思う。
資料は全てネット上の写真なので、どうしても分からないところは想像です。

FN-P90 part2

ファイル 220-1.jpg

青と緑のメッシュは、それぞれ一つに繋がっているメッシュです。