記事一覧

Unreal Engine 4 その1

ファイル 272-1.jpg

簡単な感想を。
シュプリーム スーパーコピー
ジバンシー 財布コピー
各ウィンドウがタブになってて、UIがCinema4Dみたいにカスタマイズできるのがうれしい。
GI処理は残念ながら非リアルタイムなLightmassになっちゃってますが、クオリティは高いです。ライトマップ生成中はエディタの操作もできます。
物理シェーダーがかなり良い感じですね。
透過処理も安定しててDoFと一緒に使っても上手く機能してました。
ポストプロセスもWL-Shaderで作っていたような機能がほとんど標準で搭載されてます。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://unreal.rgr.jp/diary-tb.cgi/272

トラックバック一覧